いま流行りのリノベーションについて解説いたします!!

リノベーション実践

まずは、下準備をしましょう

リノベーションをしたい!と思っていきなり業者や企業に話を聞きに行くのは少々急ぎすぎなように感じます。
どんなことにも下準備が必要です。
リノベーションだって例外ではありません。
まずは、暮らしのイメージです。どういう生活をしたいのか、そのためにどういう間取りにしたらいいのか。
あるいは、生活の何に重点を置くのか、そのために立地はどうするのかといったこと一つ一つに対するイメージを持って置く必要があるでしょう。
リノベーションは暮らしそのものを反映します。
なんとなくのイメージで初めてしまうと、せっかく理想の暮らしを送れる機会を棒に振ってしまう事態になりかねません。
それに加えて、当然のことですが予算を考えることも大事です。リノベーションにどれくらいのお金をかけられるのか。
それによってできることが大きく変わってきます。
その自由の高さのために、使えるお金の幅を明確にしておくことが重要になります。

誰に話を聞けばいいの?

まず、リフォームの場合を考えてみましょう。
リフォームは、例えば「キッチンを新しいものにしたい」とか、「介護用の手すりをつけたい」といった家の一部を相手にするために、その部分に関する知識を持っている業者に話を聞けば大体の問題は解決します。
それに比べて、リノベーションはどうかというと、「間取りを変えたい」とか「内装をデザインし直したい」というように、「家まるごと」を相手にします。
そのために、リフォームと比べて必要な知識や準備が多くなります。
一つ一つ、様々な業者と話をしても良いのですが、現在、物件探しから資金計画、そしてリノベーションまでをまとめて引き受けてくれる「ワンストップサービス」を行なっている企業があります。
初めてのリノベーションは、わからないことも多いと思うのでこういった会社にお願いしてしまうのが安心ではないでしょうか。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ