いま流行りのリノベーションについて解説いたします!!

リノベーションのお金の話

実際、どのくらいかかるの?

リフォームが家の一部を扱うのに対して、リノベーションは「家まるごと」を扱います。
そのために、当然費用面ではリノベーションの方が高額になります。
では、実際にどのくらいかかるのか。
これに関しては、乱暴な言い方をしてしまうとピンからキリまでという感じです。
どのくらいの規模でリノベーションをしたいのかによって価格が変わってくるからです。
しかし、一つの目安として500万円という区切りがあります。
例えば、500万円以下で抑えたいという場合は、部分的な工事や間取りの変更といったリフォームに近いリノベーションになります。
逆に、極端な話ですが、1000万円かけられるという場合は、間取りの変更はもちろん、耐震工事や外壁の取り替えまで大規模な工事が可能となります。
どのくらいの規模でやりたいのか、どのくらいまでなら費用をかけられるのかをあらかじめ、考えておく必要があります。

費用相談やローンについて

上では、ざっくりとした価格帯でできることを紹介しましたが、実際の予算でどこまでできるかは業者や専門家と相談する必要があります。
リノベーションがかなり普及したこともあって、リノベーションを専門に扱う企業も増えてきていますので、そういったところを利用するのが良いかと思います。
また、リノベーションとはいえ、中古の住宅を購入する必要があるので、かなりの金額が必要になります。
よほどのことがない限り、一括で支払いますとはいかないでしょう。
そんな時には、住宅ローンを利用することができます。
中にはリフォームとリノベーションを混同してしまって、住宅ローンとリフォームローンを組み合わせて利用する方もいるのですが、手続きが複雑になったり費用が余計にかかってしまうことがあるため、住宅ローンでまとめてローンを組んでしまうことをオススメします。


この記事をシェアする

↑ページの先頭へ